「春季北海道山岳雪崩安全セミナー」が開催されます。

2016年5月29日(日)13:00よりりんゆうホール3階(東区北9条東2丁目)にてNPO法人北海道雪崩研究会主催「春季北海道山岳雪崩安全セミナー」が開催されます。  
 参加費は一般1,000円、研究会会員500円。ぜひ多くの方の参加をお願いします。

1.13:10~13:40
   「2016‐12-30 旭岳雪崩事故調査報告」    榊原 健一 氏
(日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム)                 

2.13:40~14:20
「雪粒子に注目した今冬の札幌の積雪」    秋田谷 英次氏 (NPO法人雪氷ネット
ワーク, 北海道雪崩研究会顧問)                             

-休     憩―
3.⒕:30~15:10
「より安全な山を皆でつくりましょう」    レンドバイ・マルトン氏
   ・・・Avanetによる雪山の情報共有と       (Avatech Japan 株式会社シェルパ)
Avatechによる弱層観察・・・

4.15:10~15:50
「今一度,雪山の安全を考える」
(パネルディスカッション)            司 会:飯島裕幸

※15:50~16:00閉会の挨拶 
事務連絡

※懇親会 17:00~2時間程度 (セミナー終了後同会場で行います。
会費:2,000円 どなたでもご参加いただけます。)

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.